土地売買 - 査定と税金

土地売買の仲介手数料いくら?

土地売買の仲介手数料いくら?

土地売買の仲介手数料は無料です、としている業者もあるようですが実際その場合の条件というのなかなか厳しい内容であったりします。

 

仲介手数料が無料なのでそれはもちろんでもありますが。。。

 

それでは実際に掛る金額としてはどのくらいなのかというと、3%が売り買いしたときに仲介手数料とされるようです。

 

しかし多くの場合においては、3%プラス60000円とされます。

 

不動産の売り買いをするときには、ほとんどの場合で400万円以上の金額に上ります。

 

宅建取引法ルールの通りに計算するよりも簡易的に計算をすることの方が話が早いことから3%プラス60000円とされています。

 

それでは宅建取引法の規定はどのようなものなのでしょうか。

 

400万円以上の場合で3%、200万円〜400万円以下の場合で4%、200万円以下の場合で5%、となっています。

 

また、この値というのは規定においての上限でもありますので、実際の業者では3%以下としているところもあったりします。

 

土地売買の仲介手数料は多くの人がなるべく安い金額にしたいとするところでもありますが、何かしらの方法で3%以下になっている部分を補っていることも考えられますので一見で判断するのは避けるようにしましょう。

 

 



土地売買の仲介手数料いくら?関連ページ

土地売買の不動産手数料に要注意
土地売買の査定と税金をはじめ所得税や消費税、また手続きの必要書類、委任状、土地売買契約書などについて。不動産の手数料など土地売買査定その税金のことを紹介しています。個人で契約する際のトラブル、仲介手数料に印紙に掛かる費用、税関連の書類や登録免許税また登記や重要事項説明書などなど大丈夫ですか?確定申告の方法や売り買いをしようとしている区画の測量ほか。

ホーム RSS購読 サイトマップ